Menu

著名日本人建築家、オデンスにハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムを設計

オーデンス市の資金調達を待って、世界的に有名な建築家による革新的で魅力あふれるハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムの設計および建築が始動します。日本の隈研吾氏は、印象的かつ控えめな幅広いプロジェクトにより著名人のステータスを得ました。計画通りに進めば、隈研吾氏は2020年に東京にオリンピックスタジアム、オーデンスにハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムを開くことになります。

オーデンス市は、童話作家ハンス クリスチャン アンデルセンの誕生211周年にミュージアムの将来計画を発表しました。隈研吾建築都市設計事務所は、デンマーク企業Cornelius+Vöge Architects、MASU Planning Landscape Architects、Eduard Troelsgård Engineersと提携して、プロジェクトを落札しました。プロジェクトでは、ミュージアム体験がおとぎ話を中心に展開します。隈氏はBarozzi Veiga and Snøhettaなどの傑出した有名国際企業の中で落札に成功しました。特にデンマークのBIG Architects (Bjarke Ingels Group) は、最後まで勝ち残っていました。

隈氏およびデンマーク提携企業の提案は、オーデンス市長兼競争入札の陪審員長の Anker Boye 氏のイマジネーションをとらえました。

  • ユニークな落札プロジェクトだと思いました。隈氏が日本人であるという事実は、時に故郷を探しに海外に旅することが必要であることを示しています。提案にはユニークな特質があり、ハンス クリスチャン アンデルセンとオーデンス両者の精神をとらえ、印象的かつ国際的なものさしを持ちながら地元にとけこむものとなっています。このプロジェクトが展開できるのは、ここオーデンス以外には想像できません。と同時に、地元、国をはるかに超えた地点を目指したものです。国際的な「オーデンス式」なのです。

プロジェクトは、オーデンスの主要道路 Thomas B. Thriges Gade の閉鎖に基づいて、現在進行中の市街中心部の全面的な改訂の大きな目玉です。 以前は市街を横断していたこの道路は、現在プロジェクト面積9000㎡の一部となり、既存のハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアム周辺エリアのほか、ティンダーボックス子供文化センターおよびロッツェス ハヴェ公園を含みます。作家のおとぎ話の世界と併設の魅惑的な庭園に基づいて、プロジェクトはハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムとティンダーボックス子供文化センターをひとつに合わせ、アトラクションは劇的に拡大します。建築物自体の敷地面積は 5600㎡ で、その3分の2が地下に設計され、オーデンス中心に展開可能な最大の壮大なガーデンスペースとなります。

プロジェクト競争入札の終了に加えて、ハンス クリスチャン アンデルセンの世界に基づいた展覧設計のコンセプトについての競争入札が以前に行われました。この競争入札は、イギリスのグループ Event Communications が落札しました。その展覧設計コンセプトが、今回の隈氏の提案のベースの一部を成しています。建築開発の基礎が展覧設計となるこの珍しい手法がプロジェクトの強みである、とオーデンス市の都市および文化事業部の議員である Jane Jegind 氏は述べています。Jegind 氏は、先ほど終了した競争入札の陪審員兼ハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムを含むオーデンス シティ ミュージアムの議長としての立場から、プロジェクトに深く関わってきました。

  • プロジェクト計画では、ガーデン、建物、展覧設計が連結し、全体としてアンデルセンの精神をはっきりととらえるとともにオーデンス市のエッセンスをもたらすことが重要でした。これが、巧妙かつ神秘的であり、よく統合および設計されたプロジェクトが選ばれたもうひとつの理由です。隈氏とデンマークのパートナー Cornelius+Vöge and MASU Planning は、ハンス クリスチャン アンデルセン個人の生涯より、その魅力的な世界に焦点を当てることが求められる近未来的なプレゼンテーションの完璧な環境を創造しました。

プロジェクト落札の発表はまた、この2つの競争入札プロセスの終了でもありました。これは、資金調達に向けた動きが最終段階に入ることができることを意味します。プロジェクト資金は2016年内調達されることが期待されています。

著名日本人建築家、オデンスにハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムを設計

オーデンス市の資金調達を待って、世界的に有名な建築家による革新的で魅力あふれるハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムの設計および建築が始動します。日本の隈研吾氏は、印象的かつ控えめな幅広いプロジェクトにより著名人のステータスを得ました。計画通りに進めば、隈研吾氏は2020年に東京にオリンピックスタジアム、オーデンスにハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムを開くことになります。

オーデンス市は、童話作家ハンス クリスチャン アンデルセンの誕生211周年にミュージアムの将来計画を発表しました。隈研吾建築都市設計事務所は、デンマーク企業Cornelius+Vöge Architects、MASU Planning Landscape Architects、Eduard Troelsgård Engineersと提携して、プロジェクトを落札しました。プロジェクトでは、ミュージアム体験がおとぎ話を中心に展開します。隈氏はBarozzi Veiga and Snøhettaなどの傑出した有名国際企業の中で落札に成功しました。特にデンマークのBIG Architects (Bjarke Ingels Group) は、最後まで勝ち残っていました。

隈氏およびデンマーク提携企業の提案は、オーデンス市長兼競争入札の陪審員長の Anker Boye 氏のイマジネーションをとらえました。

  • ユニークな落札プロジェクトだと思いました。隈氏が日本人であるという事実は、時に故郷を探しに海外に旅することが必要であることを示しています。提案にはユニークな特質があり、ハンス クリスチャン アンデルセンとオーデンス両者の精神をとらえ、印象的かつ国際的なものさしを持ちながら地元にとけこむものとなっています。このプロジェクトが展開できるのは、ここオーデンス以外には想像できません。と同時に、地元、国をはるかに超えた地点を目指したものです。国際的な「オーデンス式」なのです。

プロジェクトは、オーデンスの主要道路 Thomas B. Thriges Gade の閉鎖に基づいて、現在進行中の市街中心部の全面的な改訂の大きな目玉です。 以前は市街を横断していたこの道路は、現在プロジェクト面積9000㎡の一部となり、既存のハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアム周辺エリアのほか、ティンダーボックス子供文化センターおよびロッツェス ハヴェ公園を含みます。作家のおとぎ話の世界と併設の魅惑的な庭園に基づいて、プロジェクトはハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムとティンダーボックス子供文化センターをひとつに合わせ、アトラクションは劇的に拡大します。建築物自体の敷地面積は 5600㎡ で、その3分の2が地下に設計され、オーデンス中心に展開可能な最大の壮大なガーデンスペースとなります。

プロジェクト競争入札の終了に加えて、ハンス クリスチャン アンデルセンの世界に基づいた展覧設計のコンセプトについての競争入札が以前に行われました。この競争入札は、イギリスのグループ Event Communications が落札しました。その展覧設計コンセプトが、今回の隈氏の提案のベースの一部を成しています。建築開発の基礎が展覧設計となるこの珍しい手法がプロジェクトの強みである、とオーデンス市の都市および文化事業部の議員である Jane Jegind 氏は述べています。Jegind 氏は、先ほど終了した競争入札の陪審員兼ハンス クリスチャン アンデルセン ミュージアムを含むオーデンス シティ ミュージアムの議長としての立場から、プロジェクトに深く関わってきました。

  • プロジェクト計画では、ガーデン、建物、展覧設計が連結し、全体としてアンデルセンの精神をはっきりととらえるとともにオーデンス市のエッセンスをもたらすことが重要でした。これが、巧妙かつ神秘的であり、よく統合および設計されたプロジェクトが選ばれたもうひとつの理由です。隈氏とデンマークのパートナー Cornelius+Vöge and MASU Planning は、ハンス クリスチャン アンデルセン個人の生涯より、その魅力的な世界に焦点を当てることが求められる近未来的なプレゼンテーションの完璧な環境を創造しました。

プロジェクト落札の発表はまた、この2つの競争入札プロセスの終了でもありました。これは、資金調達に向けた動きが最終段階に入ることができることを意味します。プロジェクト資金は2016年内調達されることが期待されています。

Designed by fingerspitz*